東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます
震災情報 東日本大震災 (Yahoo!)◆募金情報まとめ (Google)
東北地方太平洋沖地震義援金
 
 人気の家電が最大90%OFF!!「新生活家電セール」  
夕風ブレンド / スキマスイッチ、BESTYO / 一青窈
任天堂Wii (ウィー) ・DS 在庫あり!
送料無料にポイント還元率UP!現在開催中のキャンペーンをチェック!
 2006.11.29 [Wed]

14才の母 【第8話】 二つの命…どちらを選ぶ?

[ THE有頂天ブログ◇14才の母 > 14才の母 【第8話】 二つの命…どちらを選ぶ? ]
「昔で言うところの夜逃げ」って…。
今は夜逃げって言わないのか?(笑)


■14才の母 「第8話」あらすじ
 入院した未希(志田未来)の血圧が高く、母体と胎児の両方に悪影響が及ぶ可能性があると判明。加奈子(田中美佐子)は、万一の場合、未希の命を優先してほしいと春子(高畑淳子)に頼み込む。一方、会社が倒産の危機に陥った静香(室井滋)は、必死に金を工面していた。二カ月が経過し、妊娠八カ月の終盤に入った未希は、春子の許可を得て自宅に戻る。未希の元には、知らせを聞いた香子(山口紗弥加)や恵(北乃きい)らが駆け付ける。
(TVガイドより)

忠彦(生瀬勝久)
「おまえと桐野君は赤の他人。
 彼のことは金輪際、一切忘れなさい。」


ムリだろうねぇ…。今回もまた電話でコンタクトをとる二人。
「大丈夫だよ」とお互いがお互いを気づかうセリフがなんか切ないなぁ。


んで、あの誓約書は一体どうなった?
不渡り出し、会社が倒産寸前になった静香(室井滋)の側に支払い能力はなくなったと考えられるので、まぁ普通に考えて無効かな。
なんかその辺、うやむやに終わらせる脚本にいまいち納得いかないなぁ。
なんとなく、それを伏線として最後には桐ちゃん(三浦春馬)が認知する気持ちを固めて…みたいな展開になる「美談」で終わらせるような気がしないでもない。


桐ちゃんは毎回、かなり微妙に男らしく成長してる…かな?
本当にちょっとずつだけど、急成長しないだけリアリティはあるかも。


過去の回もそうでしたけど、近所の目が「露骨に」冷たいのが逆にリアリティがないなぁ。
まぁ敢えて大げさな演出にしてるんでしょうけど。ベタすぎだよ(笑)
ベビー用品選んでる未希を見てたあのおばさんの目が怖いw


相部屋の妊婦として登場したあゆみ(戸田菜穂)が実体験として出産について未希(志田未来)
「みんな平等」
「みんなひとりぼっちで痛みに耐えながら産むの。だからあなたも怖くないよ」

と優しく諭すシーンが良かった。妊婦役が上手いですねぇ。
志田未来も歩き方とか妊婦らしい芝居で上手いし。前回の感想記事につけてくれたSHINGO。さんのコメントもあって今回注目してたんですけど、志田未来の顔がマジでふっくらとしてる?!本当に役作りしてるのかも知れないですねぇ。


二つの命、未希の命か生まれてくる子供の命のどちらを選ぶか。
そんな波乱の展開になるのかと思わせぶりな前回の予告だったけど、
ただ単に仮定の話だったのか。
14才で出産し母になる、というのがテーマなんだから、
そりゃあ出産までは最低限描いてくれないとねー。


…とか思ってたけど、どうやら次回(第9話)こそ、本当にそんな展開になる模様。


陣痛が始まった未希。
そこにやたら都合良く「おかわりおじさん」こと波多野(北村一輝)登場。
なんか悪いこと考えてるのかと思いきや助けに入る展開。

で、ミスチルの「ダーリン ダーリン♪」とともに
14才の母、出産の文字がバーン!で過去のダイジェスト映像みたいな次回予告へ。
一瞬、来週が最終回かと錯覚させられそうに。
高視聴率をキープしているので当初は全10話予定だったところを1話延長することが決まっています。全11話になったので、まだあと3話あります。
ちなみに最終回(12月20日放送)は80分の拡大版。


当初の予定より1話増やして何を描くのか。より面白い展開になるのならいいけど、無駄にダラダラと引き延ばすのだけはやめて欲しいですね。


陣痛の始まったあゆみの所へやって来た春子(高畑淳子)が言った
「おいでなすった〜?」
ってセリフが妙にツボだった(笑)


14才の母 〜愛するために生まれてきた〜
  (水曜22時 2006年10月11日〜 / 公式
■出演/志田未来、田中美佐子、生瀬勝久、山口紗弥加、河本準一(次長課長)、三浦 春馬、谷村美月、北乃きい、高畑淳子、海東健、金子さやか、井坂俊哉、北村一輝、室井滋ほか
■脚本/井上由美子
■演出/佐藤東弥、佐久間紀佳
■主題歌/「しるし」 Mr.Children (TOY'S FACTORY)
■音楽/沢田完、高見優 (サントラ

★発売中!

DVD:「14才の母」

★ドラマ ノベライズ+実際14才で妊娠をした方々に取材をし、その実像に迫った衝撃のノンフィクション

【過去記事】
14才の母 【第7話】 お金で未来は買えますか? >>
14才の母 【第6話】 私にも母子手帳くれますか >>
14才の母 【第5話】 バイバイ…初恋が死んだ日 >>
14才の母 【第4話】 旅立ち私はもう泣かないよ >>
14才の母 【第3話】 さよなら…私の赤ちゃん >>
14才の母 【第2話】 お前なんかもう娘じゃない >>
14才の母 【第1話】 >>

Mr.Children 音楽番組TV出演 >>
ミスチル 「しるし・ひびき・くるみ」 買いました >>
「HEY!HEY!HEY!」 2年半ぶりにミスチル出演 >>
ミスチル 「しるし」 PV >>

カテゴリー:◇14才の母 | 投票 | comments(14) | trackbacks(20)
+ サイト内 記事検索 powered by Google

+ この記事へのコメント
いつもTBいただきありがとうございます。

>「おいでなすった〜?」
私も思わずクスッとしました(^^;
日常の穴 (2006/11/30 00:17)
きんぐさん、こんばんは!
コメントも入れてくださりありがとうございました〜〜!

>桐ちゃんは毎回、かなり微妙に男らしく成長してる…かな?
あははは!(笑)確かにそうですよね〜。それは確かに変なリアリティあるかも。
なのに、未希のことを、身体とか心配してるのはいいけど、女の子として「好き」って言ってた気持ちは、いまだにどこにも感じられないのは、なんでなんでしょうねえ?

>無駄にダラダラと引き延ばすのだけはやめて欲しいですね。
ほんとですねえ。産んだあと、どれくらいの期間を描くのか、なんか中途半端にならなきゃいいけど。

では、またよろしくお願いします〜!
まりりん (2006/11/30 00:50)
> 日常の穴さん
こちらこそ〜^^
高畑淳子さんの台詞回し、なんか独特ですよねw

> まりりんさん
桐ちゃんはクールすぎるくらいクールですよね。
感情がほとんど表に出ない(伝わってこない)ですよね。それが彼の持ち味と言ってしまえばそれまでですけどね。
きんぐ@管理人 (2006/11/30 20:11)
追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」リポート「14才の母」公式掲示板は正統派の反論は意見をみんな拒否されて賛否両論で着ない状態で大きな反感を買っている。公式掲示板の書き込みで「感動した産ませてあげたい」という書き込みばかり中学生や高校生の書き込み場仮で同じ内容ばかりの書き込みや同じ文章表現が多いのにがっかりすると言うより反対派意見を受け付けない公式掲示板がどうかしている。大人までが、「お花畑でおめでて〜な。」と馬鹿げた書き込みは公式掲示板に掲載せられ日本の経済や未来や社会情勢の正論は書き込んでもみんな拒否されてしまうから公式掲示板はとんでもない掲示板だ。中高生の意見も大人の意見もあまりに馬鹿すぎて、がっかりだ。 ドラマの内容は昨日で完結かと思っていたが予想外の展開となり次はどうなるのだろうかと言う危機感を残して盛り上げたことは凄く評価できる。来週もまた視聴者はどうなるのだろうかと言う期待感でみんなが見るからだ。機能の放送は大成功だったといっていい。問題は10回の放送だ。ただ現実手奇異なようだが医師に聞くと現実はこんなもんじゃないということだった医者の薮ぶりがめだった。普通陣痛のモニターはナースステーションで常に監視しているから陣痛間隔が短くなったり異常が出たらすぐに対応する。陣痛間隔が短くなったら普通看護師さん一人は付くものだし、14歳、34週目の出産と高リスクはわかっているのに対応が緩慢すぎるのだ。あれで子どもに障害が出たり母体に何かあったら訴訟になり現実では裁判になるだから産婦人科医になる人がいなくなり産婦人科医は激減しているのだ。この現実にも迫らないと社会的ヒューマンドラマにならない。
http://www.fab.or.jp/abruption.html
早期胎盤剥離の恐怖こんな怖い状態からは母子共に無事なのは奇跡だ。波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を助けて車に乗せた幹の父(生瀬勝久)は命の恩人である波多野卓(北村一輝)へのお礼が足りない本当なら深々と頭を下げるのが本当なのだ。15歳以下の低年齢出産で一ヶ月も早いことはよくあるが非常に危険度が高く死産が多くなっている。出産が一ヶ月も早く赤ちゃんの体重は2000g以下の場合は出産できても育つ可能性は限界線で危険状態なのだ。このために昨年度あった14才以下の出産では17人の新生児が一ヶ月以内に死亡して25名しか生存していないというIUGR児の危険度も高いのだ。来週は未希(志田未来ちゃん)は母子共に危険状態にありその間に2ちゃんねるで噂をされて痛もう一人の144歳の母と言う噂の高い柳沢真由那(谷村美月ちゃん)の謎、これは常識では全国で42人しか舞人出現しない47都道府県に一人以下しか出現しない14才の母が二人も存在することは考えられないが単なる噂か本当に14才の母なのか謎は説くべきだまた行方不明になって未希(志田未来ちゃん)の父(生瀬勝久)と再会した智志(三浦春馬君)やその母(室井滋)の変容、ホームレスのような暮らしになった智志(三浦春馬君)と母(室井茂)の謎、また未希(志田未来ちゃん)の命の恩人、波多野卓(北村一輝)が取材に執念を燃やす謎、担任の先生や若いときに子供を産んだ助産婦が何歳の出産だったのかその謎も未希(志田未来ちゃん)がまだ命の危機感、を母子共に残っている第10話でといていき。11話に運命の90分拡大スペシャルにもって来るべきだ。「14才の母」は今ではアメリカや欧米先進諸国では制作できない作品だ。第10話まで良く引っ張ってこれたのは一応評価できるが残り第2羽が名作になるか糞ドラマで終わるかの勝負の分かれ目だ。ここまで着たからにはナボコブのロリータを越える名作にすることも可能だ。最終回は未希(志田未来ちゃん)意識は戻り子供と再会でき、ここでは「会えてよかった 愛するために生まれてきたの」のテーマを生かす。しかし一時は回復しかけた未希(志田未来ちゃん)の容態は再び悪化して。ドラマは未希死すとなり巣庁舎も号泣するバッドエンドになり中学生へ「命の大切さ」と「性の価値観や性のモラル」の大切さを日本中の中学生に向けたメッセージにならないと「14才の母」の意味がなくなる。後の2話で永久の名作となるか単なる糞ドラマで終わるかの境目になる村瀬健プロデューサーが言っていた。ラストは加奈子(田中美佐子)の背負う十字架という言葉も生かしてほしい。
批評 (2006/12/07 13:56)
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」(番組見終わって)
母としてもキャラクターは未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より智志(三浦春馬君)の母(室井滋)の描き方の方が好評だ。なぜか自分の生き方を現実的に話、最後まで賛成しなかったセリフが現実的でよくできていたと評判がいい。しかし智志(三浦春馬君)母(室井滋)も現実的な問題ある。責めるのは相手の娘ばかりで、自分の息子は叱らない、必要以上の大金をあげる。典型的な親バカに描き杉田のが現実離れだ。ドラマでも細かく分析すれば脚本のミスキャストは良くわかる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。普通の家庭で育ってたり、親と一緒に見てたりとかしてれば、そんなことは考えないし、考えても実現の可能性はゼロだって分かるんだけどああいう書き込みって本心というか願望にも聞こえる。本心だとしたら、本人が可哀想であり 親が無関心ってことだがいずれにしても大変な自体に発展しかねない中学生の出産は1970年は12件だったが悪魔の教育、性教育により3倍以上の42件に激増したがまだ47都道府県の数には至っていない。非常に珍しい現象で住んでいるが、これが「14才の母」によりこの種奪いに来年激増すると「14才の母」は日本壊滅番組と叩かれる。実際にドラマに影響されているのは、昨今の若ママブーム(?)に乗せられてなのか、実際はヤングママ十代ママは増えてもごく一部で1%にもみたず、逆に出産適齢期の20〜30代のママは激減して独身者が激増して少子化は今年度は逃れるかもしれないが後は加速化するというショッキングなデーターも新聞をにぎわせている。女性が子供よりも仕事を選ぶからこの問題は仕方がないのだ。十代のママは増えても人口は1%以下で話にならないし増えると大量の税金が使用され日本は崩壊するのだ。計画的に中出し妊娠して、『命は大事教』のお題目を唱えて親を恫喝している中学生の公式掲示板の書き込みもどうかしている。賛否両論で着ない掲示板も良くない。ドラマでは命は大切なのはわかるが、それ以前に簡単に命を作る方が駄目ということも分からせないといけない。これはエンドにすべてがかかっていた。要は一人一人がしっかりしろよだよ。勉強しなきゃいけない時期はちゃんと勉強する。40年昔でも中学生にもなればどうやったら妊娠するくらい分かっていたのだ。セックスを前提とした性教育から、子供のセックスはなぜ駄目なのか教える自己抑制プログラムの方が今は大切だといわれている。安易に避妊指導は逆にセックスを認めることになるのだ。性教育は避けたドラマ造りはよくできていて金八の「15歳の母」より遥かによかった。エンディングがお花畑のハピーエンドになったのが残念だ。なんかふざけた中学生が頭にくるから熱く語ってしまった。なお14才以下の出産の場合ハイリスクと共にもう一つの問題は2005年は42件の出産のうち26年は実父、兄弟、義理父、従兄弟とか親近者が26名であり6割が近親相姦者だったこともよく考えておかないといけない。他人とのセックスの妊娠は16人だった。い近親相姦性的虐待からの子が非常に多いのが日本の特徴なのだ。ここもしっかりと考えておいてほしい。「14才の母」は幸運の幸運中の奇跡の14才の出産ドラマだった。
(2006/12/26 12:49)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判最近のテレビは「14才の母」のような特殊な傾向を題材に取り上げ、刺激過激をお茶の間に提供する態度に疑問を感じる。視聴率の為、それともテレビ局の発展のためとしかとれない。倫理観に欠けた、人の生死に関わる報道が多いのでつい興奮してしまい、愚痴になってしまう。しかしやっぱり過激な性的な題材が多い!普通の題材だと見る人も少ないという傾向が強まっている。私は反対派の一人で、特殊な話だから興味があって見ていない。しかし予告編といい。CMといい「14才の母」ほど、まんまと策略に乗せられた番組はあっただろうか、ありきたりの大人の恋愛ドラマは見飽きたので、視聴率は取れないのが現状。中学生の純愛を描いた「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」が17,8%の視聴率を出し「14才の母」の平均視聴率18,7%に迫り、「たった一つの恋」の11,3%を大きく超えたことからも今の社会情勢を表している。しかし「瑠璃の島スペシャル2007 初恋」は主役の中2の成海瑠子ちゃんと中1の神木龍之介君の熱演が光「14才の母」よりもドラマは遥かにさわやかですがすがしく中学生らしい純愛が描かれていた今後の中学生ドラマの源本にもなりそうな作品だった。「14才の母」はテーマが重過ぎて異次元の世界となり作品自体が現実的に描いてもドラマにはなりにくかった。脚本のひどさに多くの教育現場や医療現場からも非難が出た。性教育推進派の行っている。「今時の子どもはそれだけ体格もよくなってきていて発達しているから、見ておいた方が参考になるかもしれませんね!!」というのは大嘘である。1950年から1970年までは男女共に身長は一気に15cm平均身長は伸びているが1970年から1985年に掛けては1,3cmしか延びておらず1980年からは伸び悩んでいる。当然所長も精通年齢も1970年からはほとんど変化はないのである。性教育推進派が勝手に言っているだけだ。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。高校生なら調度政治経済を勉強中だし、関心もあると思いがちだが高校生アンケートでは勉強は大学受験のためと割り切っており高校卒業すれば勉強したことはもう忘れてしまうのだ。「14才の母」は反対派の立場で最初っから見ていた。脚本がステレオタイプ&ご都合主義。それだけならまだいいんだけど、説得力がないのだ。例を上げると、主人公が出産直前で、先生たちが「主人公のクラスメート達に出産直前であることを告げるべきか」、職員会議で討論するシーン。本等の学校教育現場ではそんな討論、ありえない。退学させるかについて職員会議で討論する事はあっても、出産する事をクラス全体に告げるかどうか会議なんてしない。先生たち、そんなに暇じゃない。教育現場の先生達から教育現場の先生達をバカにするんじゃないよという非難の声も上がっている。あと、一部の生徒が主人公の出産を受け入れた事になってたが、その過程が全然描かれていない。中学生たちがどう感じるか、もっと丁寧に描くべきだ。金八先生の「15歳の母」では、、生徒に討論させる場面があったがこれは明らかに現実離れ。金八のようなジェンダーフリーのキチガイじみた討論は今の時代なら大きな非難が出ていた。この問題点は見事にクリアしていた。だけど、「14才の母」では、「私達の学校の名前に傷がつくわ!」と叫ぶ生徒が出たが出るのは当然だが演出が、いきなり受け入れるかのどっちかになってしまった。金八「15歳の母」も「14才の母」両方ともありえないドラマになった。そして最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。中学生も勉強の真っ最中だ。小学生や中学生の子供は、ドラマをあまり見たことがないのだ。十代の意見が中学生となって書き込まれている公式掲示板が不思議でならない。保護者は多く見て注目したから視聴率は跳ね上がった
批評 大志尊徳 (2007/02/13 12:58)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 個人的「14才の母」をビデオで見返して、感じたこととしては 、1話分を延長させる必要性はなかった。ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版で締めくくらせればもっと印象がよくなったように思う。井上真由美さんの脚本は決して上手ではない。脚本が弱すぎて多くの問題点が出てしまった。未希が戸籍の話をする場面とかはもう完全に大人は分かりきっていることで中学生に見せるなら放送時間を9時に繰り上げるべきだ。放送時間もテレビ局は考えていなかった。多くは腑に落ちない部分ばかりで、
トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。このドラマに寄せられている批判をある程度汲み入れようということ
で、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。とりあえず、その言い分も
分かるよ、ということはアピールしつつ、でも、それだけじゃ、ドラマにならないんだよ、という作り手側の一種のジレンマも垣間見えた気がする。それでも、最終回の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたよう
に思う。堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れのいい結末とはいかなかった。(結局最悪の中学生に出産を推奨するお花畑のハッピーエンドになってしまったのは非常に残念である。「14才の母」は命のテーマからして、もっと遥かに厳しい結末になるのが普通なのだと思ってたがまた厳しいバッドエンドになればこのドラマは歴史煮のころ名作になり中学生への自己抑制のメッセージになっていた。最終回のハッピーエンドでドラマはこれまで積み上げてきたものが音を立てて崩れ去った。「命の尊さ」のテーマも「愛するために生まれてきたの」のテーマもあのエンドでは生きない。パピーエンドに批判や疑問を持つ人が増えるのは当然だ。本来なら14歳で子供を産んではいけません的な要素を持たせるべき自己抑制のメッセージにしないといけないがこれは逆だ。志田未希ちゃんの演技が非常に上手なだけに14才でも子供を産んでもやっていけるという中学生出産推奨ドラマになってしまったことは非常に残念出ならない。志田未来ちゃんの演技力が高いだけに14才でも子供ができても、やっていけるかもとさえ思わせる妙な説得力や迫力があった。志田未来ちゃんの演技直の高さが招いた悲劇である。志田未来ちゃんの演技力の高さを生かしてバッドエンドにすればこれは全国の中学生へ非常に強い自己抑制のメッセージになっていた。この辺が微妙なとこだ。「14才の母」のドラマでは相変わらず、未希(志田未来ちゃん )の両親(生瀬勝久 田中美佐子)は甘いな。加奈子(田中美佐子)は未希(志田未来ちゃん)と散々、話し合ったって言っているけど、それほど話し合っているとも思えないし、意外と案外、素直に未希(志田未来ちゃん)の「産みたい」 という願いを聞き入れてしまった、という印象を受けた。忠彦(生瀬勝久)のほうはギリギリまで食い下がっていた。この姿こそが現実の親の姿だ。しかし、この人もイマイチ押しが足らない。「縛り付けてでも手術を」と言っているんだけど、母親に反対され、あっさり折れる。このような、お父さんじゃ、娘に人工中絶させるのは無理だ。また中絶を描くと中学生に中絶推奨になるので絶対にいけない。しかし出産は直いけない行為だ。14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているのだろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断りを入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決めすぎていたのでは、という気がする。
批評 大志尊徳 (2007/02/14 12:53)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判『14才の母』 第11話全部ビデオで見直したがテーマの主流である【命ってなに?】命は奇跡!ということはまったく伝わっていなかった。脚本が弱すぎるのだ。「奇跡なんだね。そらが生まれた事も、私がお母さんのところに生まれた事も。何万分、何億分の一の奇跡。命って奇跡なんだね。」って主役の未希(志田未来ちゃん)自体がドラマを自分から美化しているようなものだ。未希(志田未来ちゃん)がそらちゃんを、はじめて抱いた時のやりとりで、「(2580gの)赤ちゃんはもうすでに重い。みんなの愛情がつまってる証拠、それと、きっと、未来の希望も、つまってる。」と母親(田中美佐子)に言った時、なぜ未希(志田未来ちゃん)の母は泣いてしまッたのはドラマを美化しすぎて現実離れしすぎている。 たしか、未希(志田未来ちゃん)という名前の由来が、未来への希望だったし「そら」という名前も共通点がある。だからこそ、お母さんは号泣してしまうではなくて「貴方は14才で子供を産んだことを忘れるな」と厳しく突き放す方が現実性が出てくるのだ。1970年の週刊誌にも「14才の母」の記事が出ていたが苦労捨て子供を産み運良く母子ともに3ヶ月もたって退院した。しかし2年間苦労して育てていた子供が2階から転落して死亡する事故がおきてしまったのだこの事故でこの少女は「14
才の母」というタイトルで週刊誌にスクープされ有名になった今でも47都道府県に1人以下の確立でないと出現しない14才の母はスクープスレだ大変な特種になり波多野卓(北村一輝)が追跡調査記事を書き始めたことも良くわかる。個人的に感じたこととしては、1話分を延長させる必要性はあまりなかった。 ましてや、今回を20分も拡大させる必然性はなおさら感じなかった。欲を張って、1話延長せずに前回あたりを拡大版でハーフバッドエンドで締めくくらせれば印象がよくなり名作の仲間入りをしていたように思う。「14才の母」では井上真由子さんの脚本は弱くて個性が生きていなかった。最終回、未希が戸籍の話をする場面はもう分かりきったことだ。無駄なことを描きすぎと思えた。また、次の瞬間には腑に落ちない部分もあったりで、トータルで見るとモヤモヤしたまま終わったドラマだった。ドラマに寄せられている多くの批判をある程度汲み入れようということで、一ノ瀬家の周囲の人たちの目線を入れて、同じ年頃の娘には影響が強すぎる、子どもはどうやって産まれてくるのかと子どもに聞かれて困っている、という台詞があった。個々は納得できるが、描き方がインパクトが弱く、これはまさに、このドラマに対する指摘に他ならない。ドラマは最悪のハッピーエンドで終わり多く奈反発が起きている。これでは「中学生で出産してもいい」勘違いする中学生が確実に増える。それでなくても中学生同士の性行為が増えているのだ。この「14才の母」のドラマは、親としては子供には見せられない、見られるのがつらくて仕方がない。という声が相次いで起きている。きれい過ぎ内容のドラマ。格好いいせりふ、未希(志田未来ちゃん)が言いすぎる。お花畑のハッピーエンドで終わってしまったあっけない最悪のエンド。日本テレビ、最悪で罪は重い。結局日テレは視聴率稼ぎが狙いだったと非難が相次いで起きている。来年は14才以下の出産が2005年の42件を超えるととんでもない非難が出る。『5年経っても私まだ19だよ?いくらでもやり直せるよ』っていう未希(志田未来ちゃん)の言葉、甘すぎます!やっぱり安易です。 安易すぎて腹が立ちます。はじめ智志(三浦春馬君)の母(室井滋)は嫌いでしたが、今は智志(三浦春馬君)の母(室井滋)ほうが未希(志田未来ちゃん)の母(田中美佐子)より現実的だと思うようになった。中学生が子供を産む事を美化・助長する内容で見るに見かねる一番最悪な単なるハッピーエンドである。障害はあったけど、最後は全部美化。一日で病気も治る安易さ産婦人科医に問うと「一ヶ月に及ぶ戦いもある本等の産婦人科医や小児科医の苦労を描いてほしかったとプロの医師からも非難がでている。


批評 大志尊徳 (2007/02/15 13:50)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 ドラマ「14才の母」はドラマをバックラッシュさせると、打算も何もなく純粋に相手をいとおしく思った結果のセックス=妊娠、打算はなかっただろうけど、純粋なのならなおさら怖い「これっていけないことかな」この言葉から未希(志田未来ちゃん)はもうセックスは知っていたのだ。 嫌な言い方だけど、好奇心か、性の衝動が抑えられなかった結果の妊娠としか思えない。このことからは波多野卓(北村一輝)が未希(志田未来ちゃん)を叩く理由は十二分にある。一円も稼げず、義務教育を受けなければならない身で子供産むなんて無責任なのだまたあっさりそれを認めた両親もどうかしている。むしろ、智志(三浦春馬君)に絡んでるのが的はずれ。小野寺学校長にしても、私立の学校を首にしたところで、学校側が非難されるはずがない。「14才の母」は家族構成から大きく図テレいる。初めの脚本、一ノ瀬家は父、母、兄、未希、弟=本編は父、母、未希、弟の4人家族となった。初めのころの構図とここから大きく変わってドラマの内容も一転2点3点している。予告編のこれほどずれたドラマは過去にはなく、予告編は視聴者の釣りだと見る人がかなり多くなっている。ハッピーエンドだけは絶対やっちゃ駄目だ。スタッフは心を鬼にして社会的に責任をおわす形がベストだ。「たった一つの恋」とは視聴率も2倍も高く多くの人が注目している視聴率は反対派があまりに過激なタイトルに心配したドラマを注目してみた結果高視聴率になった。反対派の人たちに嫌だったらドラマは見るなというのは大変失礼だしとんでもないことだ。私はこのドラマの大きな反対派だがビデオ録画を第1話から全部録画しておりドラマを分析して感想を書いている。 ドラマが完全に終われば11話を通してみて観想を総集編として書いて出すつもりでいる。最終回が放送される。予告編の内容からパピーエンドの奈脳性が高まり。糞ドラマになり中学生のセックスや出産の番組になる可能性が高まり怒りを感じている人が多くいる。私は両方助かってハピーエンドは反対だ。虐めや自殺する子供たちは両者が助かりはピーエンドとなると。命を一度失ってもまた生まれ変われると逆効果が起こり自殺を逆に助長するようになるからだ。また中学生の性の暴走に拍車を掛ける恐れもある。両者が助かってはピーエンドだと逆に命の尊さは伝わらず。虐められると自殺して生まれ変われると信じて自殺を助長してしまうのだ。また子供を作ってもいいという性の価値観がなくなる中学生が増える。ラストは
未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんか、どちらかが死亡するバッドエンドでないドラマは壊れる。赤ちゃんがもし亡くなっても、未希(志田未来ちゃん)の原因で低年齢出産の為急死だったら納得でき自己抑制には一応なってくる。すべての原因は低年齢出産=14才=未熟。未希(志田未来ちゃん)を死亡させるほうが良いのだが、赤ちゃんを死なす結末は良くないけど、こうしないと命〕を感じ取れない。「たったひとつの恋」みたいなおわらいドラマのパピーエンドにはなってほしくない。「14才の母」は「たった一つの恋」とは違い衝撃的な過激なタイトルと金八の「15歳の母」とは違った方向でこれまで高視聴率をたたき出したドラマだ。それだけにどんなラストになるのか多くの反対派の人も注目して今日は多く見るのだし視聴者みん
なが納得するには絶対にハピーエンドになってはいけない。ドラマ全体が、ファンタジックなこういったドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。毎回こんな感じで引っ張ってしまい、さらには最終回拡大版ということの意味はまったくなかった。こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていないように思う。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、アップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。もっと第10話から11話まで命がけの戦いを描くべきだった。ドラマの本当の山場は、ハイリスク出産が確実となる。14才の出産は15歳とはこんなにも危険リスクが違うのだというハイリスク出産が見せ場なのだ。現実的なハイリスク出産の場面はあったが、出産後、未希(志田未
来ちゃん)と赤ちゃんの立ち直りがあまりにも早すぎる。ラストまで命がけの戦いを描いてこそ「命の大切さ」のテーマや「 愛するために生まれてきたの」のテーマが生きる。特に小児科医(反町隆史)はもっと赤ちゃんとの命の戦いを時間を割いて描くべきじゃないかったかな。もしかしたら、視聴率が高いということから、これだけ描ければもういい矢という番組関係者の甘い考えがあったのかとも思える。
批評 大志尊徳 (2007/02/16 12:36)
○ 追跡、21世紀最大の超問題作「14才の母」批判  金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たちがどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。1話延長になった意味がない。この内容なら、第10話をそのまま最終回にして、拡大版か何かで終わらせてしまったほうがすっきりとまとまっていた。未希(志田未来ちゃん )の両親(生瀬勝久 田中美佐子)は甘いな。加奈子(田中美佐子)は未希(志田未来ちゃん)と散々、話し合ったって言っているけど、それほど話し合っているとも思えないし、意外と案外、素直に未希(志田未来ちゃん)の「産みたい」という願いを聞き入れてしまった、という印象を受けた。忠彦(生瀬勝久)のほうはギリギリまで食い下がっていた 。この姿こそが現実の親の姿だ。しかし、この人もイマイチ押しが足らない。「縛り付けてでも手術を」と言っているんだけど、母親に反対され、あっさり折れる。このような、お父さんじゃ、娘に人工中絶させるのは無理だ。また中絶を描くと中学生に中絶推奨になるので絶対にいけない。しかし出産は直いけない行為だ。14才では命にかかわるケースが多い。子供の親の像も年々変わっているのだろうけども、私は個人的にもっと親は厳しく描いてもよかったのではないかと思う。人の深刻の度合いは分からないから一概には言えないと断りを入れておきながらも、厳しく接して、トコトンまで対立して向き合うことで、今回のような結論に至るならまだしも、簡単に決めすぎていたのでは、という気がする。ドラマの流れは、つなぎみたいなお話で、前回のつながりがうすく激動の展開はなかった。14才の母、出産だけは多くの人に緊迫感を与え次回の21,5%の高視聴率につなげた。しかし第10話には激動もなく、話自体、最悪のハピーエンドに向かっていった。だから、演出を第9話のみ登板となるはずの山下学美さんに任せたのもうなずける。出産前は、山を次回以降に持ってくるつもりだが、前後が結びつかない。戸田菜穂演じる妊婦を登場も、これから未希(志田未来ちゃん)に訪れるであろう苦難を暗示させる物ではなかった。それを見た未希(志田未来ちゃん)不安を感じるどころかほっとした感じ実見えた。やはり、安産では次回への伏線に結びつかない。第8話の大きなテーマとなったのは、自分の命か赤ん坊の命か、どちらを取るかということ。この結論に関しては、最終回までの流れを見てもドラマは無茶苦茶になって分からなかった。もっと究極の選択をさせるべきだ。14才の母の掲示板に、私は妊娠をして子供ができたらやっぱり子供を産んで育てます中1で子供ができて自由に義務教育は卒業できるから子供を作りたい。そういう書き込みをいくつか見ました。10代終わりから20代はじめ、大学生たちだ。勘違いするな!子供がソだれられないときは子供ができる性行為はするな!もし妊娠すればどんなに苦労してもその生命を宿した責任を一生背負いなさい!と怒鳴りたい。問題は、中絶や出産をしなければならないような関係を持つことが間違っている。そんな安易な性行為はしてはいけないのだ。結婚できない、育てられないなら、男は求めるな、女は応じるな!結婚して、親が心から望んで、回りからも祝福されるような、正しい関係を持ってから子供を作りなさい!と言いたい。「14才の母」は、これから最後の2話になります。このドラマは物語の大前提から間違っていると思うので、どんなに感動的な最後になろうと、ハピーエンドのなれば、私だけでなく反対派は納得しないと思います。物語は、最後の終わり方ですべてが決まりにってれがただの視聴率稼ぎだったのか、それとも全国の中学生へ自己抑制と命の尊さや愛の深さを伝えるメッセージだったのかが決まる。全国の中学生に間違った付き合いをしてはいけないと教えるような終わり方になることが大切だ。まだ子供を作ってはいけなかった。一時の感情に流されて関係を持ってはいけなかった。こんな時代の大人に育てられた子供は本当に可愛そうだ、自殺だってしたくもなるだろう。本当にこういうあいまいなドラマが現在の日本をダメにしている顕著な例だ20年前でも中学生で産もうとする女がえらいなんて反響はない。今より遥かに保守的だった時代だ。美希(志田未来ちゃん)の行動や性格は志田未来ちゃんの演技力が高すぎて逆効果になりリアリティがないのは別にかまわないが、演技力とは無関係に美希(志田未来ちゃん)が共感できないキャラになってしまっていることと、脚本
評価 大志尊徳 (2007/05/08 11:25)
○ 21世紀最大の超問題作「中学生日記」批判  美希(志田未来ちゃん)のような中学生や高校生が10万人に達すると日本は1兆2000億円もの予算が要り日本は崩壊してしまうのだ。この書き込みは公式掲示板は載せなかった。日本テレビの掲示板は社会的責任を問う投稿は載せないんですね。これはおかしいことです「女王の教室」とは何か状況が違いすぎる反対派の意見は受け付けていないのだ。なお近所の主婦達の状況を聞くと「14才の母、学校で話題になっているか」聞いたがあまり話題にならないとのこと。見たいかどうか聞いたら、はじめ見たいと言っていたけど、夜10時からだというので、見なくていいといいました。ほっと安心です。良かったです。他の方のブログや日記を見ましたが、親はたいていできれば見せたくないという日記が結構目に付いた。結構健全な家庭が多いようで安心した。良識ある人たちからも非難の声が上がっている。自分の子供がかってに、こんな書き込みをしていると知ったら、普通の親は嘆き悲しみ激怒する「14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。金八時代とは時代が違うから過激な性教育やジェンダーフリーの面は徹底的に控えないといけない。生徒の言葉は比喩な用語で十分視聴者は理解できる。今日の読売新聞に書いてあったんだけど、子供に見せたくないテレビ番組で14歳の母がクレヨンしんちゃんを抜いて二位だった。最も物足りないのは、主人公と妊娠させた男の子(三浦春馬)との恋愛だ。私には、出産が納得できるような恋愛にみえない。あくまでも幼稚な恋愛。これは男の子が役不足だからだ。主人公が、危険を冒して出産するほどの男にはみえない。魅力が全く感じられない。 そのせいか、2人がそれほど惹かれあってるようにみえないのだ。ビデオ分析したいとこれだけ反対意見は書けない、毎週見てビデオ録画して後でビデオを見直しているから多くの反論が後から書けるのだ。他の反対派の人も似たような感想だろうと思っている。正、公式掲示板は正当な反対意見は不適切発言として受け付けないから、「すごく感動しました」っていう十代の子供たちの書き込みばっかりだった。このドラマは、こちらの地方では子供は時間の都合で従事までには小学生は寝ないといけない。日本国が「14才の母」によりさらに荒廃まっしぐらになりそうな予感もする。人間の遺伝子には、早い女の子は11歳普通は12歳から13歳で初潮がくるように設定されているが、生き残る競争が国際的にむつかしくなってきたため、たったの11年〜13年では頭脳力を鍛えるには不充分になってしまった。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。
21世紀最大の超問題作「中学生日記」批判 (2007/10/11 14:45)
○ 追跡21世紀最大超問題作「14才の母」批判 母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。ここが今後のドラマのポイントにしてほしい。そうでなければ新しい命を産みだすことは不可能だ命の尊さや愛の大切さがテーマならなおさらここは大切だ。「14才の母」のケースは答えは、はっきりしている。現実なら私は中絶すべきだが中絶するとドラマにならない。母体の命の危険が非常に高いのだ、何より親がまだ子供で女性として身体が未完成だからだ。とりわけ母親は、子供に多くの愛情を注がなければならないし、時間を注ぐし、赤ちゃんに相当拘束されます。父親は、それだけ赤ちゃんのために尽くす母親をしっかり守って支えなければ成りません。まだまだ自我がこれから芽生え、夢や希望や未来が開かれる、また才能がこれから開かれる14才では、それだけ子育てに投入できるのか大いに疑問ですし、もちろん経済的にも自立は無理ですし、(働けません、雇ってくれる会社などないし、親の面倒になるしかない)それよりも何よりも、そもそも14才で妊娠出産があってはいけないと思います。14才の母」ははじめから設定に無理のあるドラマだった。高卒で子育てして、働きながら勉強など受験に受かっても、女は25過ぎたら就職口なんて無い。脚本が無茶苦茶である。波多野卓(北村一輝)も何か今回の一件には思うところがあって、驚異の嗅覚で一ノ瀬家と桐野家をかぎまわっているのはこのドラマで唯一現実的なキャラクターで人気は回を追うごとに上がっていった。この波多野卓(北村一輝)のキャラクターも井上真由子の脚本と大きな変更があり標的は脚本では未希(志田未来ちゃん)だったが智司(三浦春馬君)に変更されていた。このドラマは全10話から1話延長と異例の措置はいらなかった。前クールの「CAとお呼びっ!」の倍近い視聴率を記録してもこれだけ大きな非難がでてはドラマの価値がない。一ノ瀬家のやっていることはまるっきり理想論である。すべてを金で片付けたくない、と桐野静香(室井滋)からの示談金を受け取らなかったりしたあたりとか、未希が父親なしでも何とかやっていけるとやや軽々しく口にしてしまったりするあたりとか、ものすごくやっていることは理想論だ。現実はそういかないだろう。それに加え、学校側とか、マスコミ側か、もう少し波風を立ててもいいところを意外とすんなりと収束に向かわせて、家族のドラマにシフトさせてしまった。子供の教育者であるはずの大人たちがこのような破廉恥な番組を作ってるようでは、将来の道徳・モラルの向上は不可能でしょう。保守派の私は未成年の性交は反対です。親、学校、放送局がもっと道徳や倫理を教えることに力を入れれば防げるのではないか。でも人間は人間。ロボットとは違い、感情が生まれながらにして備わっているのです。だから多くの人、特に発達段階の未成年が淫行行為の被害者になってしまう危険性が高いのです。一番大切なのは大人、特に親のしつけや学校教育は子供の将来を左右します。指導者であり教育者でもある立派な大人があのような番組を制作するのはいかがなものか。ひとつ間違えば大変なことを起こしかねません。そうなればの親は泣き、やり場のない怒りにさいなまれることでしょう。一生ただただ後悔するだけ。言語道断そのものです。健全な教え方や切り口での「純潔教育」はもう存在しないのでしょうか。14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。静香(室井滋)の方が現実は正しい。正しい方を不幸のどん底にする描き方は脚本家がフェミニストでジェンダーフリー支持者であることが良くわかる。視聴者に考える場を提供するという点で考えれば、このあたりが落としどころだが話し合いの内容が薄く何を話し合ったのだという感じだった。志田未来ちゃんは数万人に一人の超過激思想の子役で入浴シーンや水着写真も多くでており全裸になることなど平気で羞恥心もまったくない怖い子役である。志田未来ちゃんはこのままAV女優になってしまう恐れは十分にあるのだ。清純路線を望んでいた多くのファンはがっかりしているのだ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。
追跡21世紀最大超問題作「14才の母」批判 (2007/10/15 13:43)
○ 追跡21世紀最大の超問題作「14才の母」批判 ドラマ「14才の母」は視聴率稼ぎが見え見えのドラマになった。その問題点の一つはドラマの話が変わり過ぎたことだ。未希、桐2度と会わない約束で出産→いつの間にじっくり話し合ったのか結婚宣言、未希医者を目指す→すぐにでも働きたい。最終回は医者の医の字も出てこない、未希が意地でも産みたがった子→誰にも望まれない子、桐、子供産まれないほうがよかった→二人の子だから責任とりたい。あまりにも常識的に考えても話が変わりすぎてドラマの内容がバラバラになっていた。ギリギリで撮影してるから撮ってる方が混乱して、話の辻褄が合わなくなってたためか、それにしてもひどすぎる。最終回に近づいたら予告画面と本編が違うし。お粗末過ぎる。予告編で多くの視聴者がつられた23%の視聴者のうち15%は予告編でつられてしまったといっていい。これは放送終了後不満を漏らす人が非常に多い事からもわかる。前回といい、今回といい予告と違うのは視聴者を迷わしテレビ番組全体の信用をなくする元にもなる。特に今回、予告だと明らかにおもしろそうに見えたのに裏切られた視聴者はたまったものではない。「14才の母」は40年昔なら主人公未希(志田未来ちゃん)は死亡しており。子供の命も1648g未熟児からもう育たなかった。今は485gの未熟児も育つ時代だが出産の経過からも子宮収縮が悪く止血ができない状態では今の医学でも死亡か一生寝て暮らす植物人間状態になっている。あまりにも幸運を重ねて描きすぎる。この子はすごいんですよ。この位の赤ちゃんだと人工呼吸が必要な子もいますが、自分でしっかり呼吸ができる。一度仮死状態になった子供がこのように自力で呼吸できるように回復するにかかなり時間がかかるはず。ここに未熟児と必死に戦う小児科医師(反町隆史)の医師像が描かれていない。新生児ICUの先生の言葉とケースの中で一生懸命動く子供の姿に感動しなかった人場仮という批判的な声が出ているのはあまりにも美化しすぎていた。「出産には、1人1人のドラマがある。井上真由美さんの脚本は決して上手ではない。脚本が弱すぎて多くの問題点が出てしまった。未希が戸籍の話をする場面とかはもう完全に大人は分かりきっていることで中学生に見せるなら放送時間を9時に繰り上げるべきだ。14才の子どもに出産を許す親は甘い、世の中を渡っていく上でお金がどれだけ大事なのかということ。加奈子(田中美佐子)の言っていることは理想論、静香(室井滋)の言っていることはまさしく現実だ。「3年B組金八先生」のモデルになった教師が日本共産党の推薦で選挙に出馬して落選したことがある。中学生で子供を産むことが当時、ドラマを通じて描かれ、社会的に注目されたが、いかに大衆に浸透しながら家庭崩壊を進めるかが日本共産党をはじめとする無神論的唯物論の本性だ。テレビ業界ではいかに視聴率を上げ、社会現象を起こすか。視聴率が結果であり、すべてがテレビ局の世界だ。しかし、「14歳の母」というタイトル自体は、放送禁止用語よりもひどい言葉であ り、日本人として断固許せない。14才の妊娠で出産するか中絶するかと聞かれれば、本来は中絶が肉体的危険リスクから中絶になるが。ドラマでは中絶推奨番組になるから反対だ。しかし母体に命の危険がある場合は中絶しても仕方がなくなるこの場合は死産届けが必要になる。
批評 大志損得 (2008/01/04 14:58)
○ 21世紀最大の町問題作「14才の母」 批判「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。またこれは14歳で妊娠、出産した場合の一番幸せなパターンでお花畑になった。不幸のどん底を描く必要はないがもっと工夫がないものだろうか。「14才の母」を見て『あたしも14歳でママになりたい』って思うローティーンも公式掲示板から多く出て来ているのが気がかりだ。これが逆にバッドエンドかバー婦バッドエンドでも自己抑制になり、このような馬鹿げた書き込みは出なかったはずだ。。昨日の朝の番組で、成人年齢を18才に下げるのに賛成or不賛成?というのをやっていたが今の日本のリアル高校生の18才は無理である。昔の子供たちのほうがしっかりしているからだ。最終回 の内容はこれまでやってきたことの総おさらいみたいな印象で、論が堂々巡りしていたように思う。堂々巡りの議論こそが若年での出産ということの本質なのかもしれないけど、2時間尺の作品ならまだしも、連続ドラマとなると、歯切れのいい結末とはいかなかった。「14才の母」はドラマチックさを求めた引っ張り方はいらない。第10話も最終回拡大版も、こうした作為的な見せ場の作り方はテーマ性と合っていなかった。やはり、テーマ性をより鮮明にしたいなら、この回はアップダウンを意図的につけようとするより、抑えたドキュメンタリータッチに近いくらいのリアリティにこだわった描写に徹するべきだったのではないか。このドラマの本当の山場は金八の「15歳の母」と違い、出産することまでがすべてで15歳と14歳の違いを出すことにある。出産その後は描く皮膚用はない。未希たちがどうなったかを描いても頂点は同じでハピーエンドにしかならない。もしかしたら、視聴率が高いということから、本当は未希(志田未来ちゃん)か赤ちゃんの命の選択でどちらかが死亡のとことが高視聴率でありきたりのハピーエンドになってしまったのかもしれない。「14才の母」は来年からは中学生に大きな影響を与え悪魔の教育となった性教育の影響で、まだ42件しかなく47都道府県にも及ばない数(ただし性教育がなかった1970年は今の子供の2倍近い子供がいたがわずかに12件)の14才以下の出産を激増させ日本崩壊番組と叩かれていくことになる。ドラマ「14才の母」は視聴率稼ぎが見え見えのドラマになった。その問題点の一つはドラマの話が変わり過ぎたことだ。未希、桐2度と会わない約束で出産→いつの間にじっくり話し合ったのか結婚宣言、未希医者を目指す→すぐにでも働きたい。最終回は医者の医の字も出てこない、未希が意地でも産みたがった子→誰にも望まれない子、桐、子供産まれないほうがよかった→二人の子だから責任とりたい。あまりにも常識的に考えても話が変わりすぎてドラマの内容がバラバラになっていた。ギリギリで撮影してるから撮ってる方が混乱して、話の辻褄が合わなくなってたためか、それにしてもひどすぎる。最終回に近づいたら予告画面と本編が違うし。お粗末過ぎる。予告編で多くの視聴者がつられた23%の視聴者のうち15%は予告編でつられてしまったといっていい。これは放送終了後不満を漏らす人が非常に多い事からもわかる。前回といい、今回といい予告と違うのは視聴者を迷わしテレビ番組全体の信用をなくする元にもなる。特に今回、予告だと明らかにおもしろそうに見えたのに裏切られた視聴者はたまったものではない。
21世紀最大の町問題作「14才の母」 批判 (2008/01/06 15:01)
お名前(必須!):
Email(任意):
URL(任意):
コメント記入欄:

 iTunes Store(Japan)
いま人気の曲ランキングiconアルバムダウンロードランキングicon

+ この記事へのトラックバック一覧
もしものとき、未希と赤ん坊のどちらの命を優先するのか。 加奈子はもちろん我が子・未希の命を守りたい。 未希は「選べない」という。 自分を犠牲にしてでも子を産みたい。 母性とはそういうものなのだろうか。 私にはわからない。 14才という若さで出産する
日常の穴 | 2006/11/30 12:14 AM
だ~か~ら~、未希はそんな危険な身体なのに、そういう服装はやめなさいってば!!
ハマリもん | 2006/11/30 12:22 AM
第8話「二つの命・・どちらを選ぶ?」
Happy☆Lucky | 2006/11/30 12:24 AM
『二つの命…どちらを選ぶ?』
ぐ〜たらにっき | 2006/11/30 12:25 AM
『二つの命…どちらを選ぶ?』
気ままにいきましょう! | 2006/11/30 12:53 AM
波多野さん、立ち会うのか?(゚ロ゚;) あのまま、病院についてく羽目になるんでしょうね〜。 そして、未希の出産を目の当たりにして、波多野がどんな風に感じるんだろうか? てか、まだ産み月には少し早いんですよね?母体をとるか赤ちゃんをとるか? みたいな展開にな
あるがまま・・・ | 2006/11/30 1:13 AM
今日のあらすじはこちら から。 波多野という人はよくわかりませんね。「自分達の居場所を記事にして欲しい」と、智志がまさに「カモネギ」状態で会いに来たのに「自分で母ちゃんを止めてみろ」と、説教じみたことを言ったかと思えば、未希が入院したことまで教え
Yが来るまで待って・・・ | 2006/11/30 1:18 AM
前回… 雪の中で倒れた未希… ミ(ノ;_ _)ノ =3 コテッ!! そして夜逃げするきりちゃんたち… エライコッチャの14才の母第8話!! 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エラ
zenの日記 | 2006/11/30 2:25 AM
「俺、ちゃんとするから、すぐには無理だから、いつか、ちゃんとするから」と志田未来
キッドのブログinココログ | 2006/11/30 8:34 AM
2週続けて同じ終わりかっ!?と思いましたが、ちょっと違いました(^^ゞ ドラマも中盤を終え、これから終盤に向けて盛り上がってくるということで、今回の最初の方を見た限りでは少し中弛みな感じだなぁと思ってたんですが、途中からは色々とありましたねぇ。 静香
ドラマの話をしてみよう | 2006/11/30 4:24 PM
 急な痛みで病院へ運ばれた未希(志田未来)、大事には到らなかったが 血圧が高いので入院して経過を見守ることになった。 未希のことを心配する加奈子(田中美佐子)は的場先生(高畑淳子)に 「万が一の時は未希の命を助けて下さい」と頼む。 「私は両方助けるつ
トリ猫家族 | 2006/11/30 4:44 PM
これがあんたを産んであんたの名前つけて歯を食いしばってあんたを育ててきた人間よ。
くつろぎ日記 | 2006/11/30 5:23 PM
ベットの中で目覚める未希(志田未来)。春子先生(高畑淳子)から、あなたもお腹の赤ちゃんも大丈夫だと聞き安心するのでした。コート着たまま寝てるのね。 静香(室井滋)の会社が倒産しそうだと新聞を加奈子(田中美佐子)に見せる忠彦(生瀬勝久)。夜逃げする所に出っくわし
テレビお気楽日記 | 2006/11/30 5:34 PM
29日ドラマ「14歳の母」第8話を視聴した。第8話は未希が妊娠7ヶ月目に入り、出産に向けた入院とその中で出産する事とは?のエピソードが描かれていた。
オールマイティにコメンテート | 2006/11/30 7:09 PM
2006年11月29日(水)、日本テレビで「14才の母 」第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」が放送されました。第8話も、簡単感想をアップします!うーん、私の場合は、ぶっちゃけ、感情移入も出来ないまま、ただ、「今後どうなるのかな?」で、見ているだけの
たまちゃんのドラマページ | 2006/11/30 7:49 PM
今回は桐ちゃん親子のシーンに泣いてしまったのでした〜〜〜〜(涙)うぇ〜ん!桐ちゃんの「ただ。。。幸せになりたいんだ」のひと言にぐっときちゃいました。そして波多野さん!私はかなり好きです(笑)ホストでも医者でも萌えなかったのに(笑)
アンナdiary | 2006/11/30 10:38 PM
忠彦は、週間トップに、編集長を訪ね、それが、家を覗きに来た波多野だと知った。未希の体に障るから、桐野の会社のことを書き立てないでくれと頼みに言ったが、いつもののらりくらりで、一ノ瀬パパはまた腹を立てての帰
まぁ、お茶でも | 2006/11/30 10:58 PM
『14才の母』第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」 未希(志田未来)は腹痛を起こして的場クリニックへ。 春子(高畑淳子)から体に問題があることを告げられて入院することになる。 静香(室井滋)の会社が倒産することを知り、加奈子(田中美佐子)と忠彦(生瀬勝久)
Gecko's Cyber Cafe | 2006/12/01 2:19 AM
 いや〜早い段階でこの展開で次回へという今回でした。 予告で二つの命を強調してたからもっと切り崩す展開になると思いきや、結局は『その決断が出来るかな…』っていう未希の考えられないって気持ち。 お腹の中にはもう一つの命が確かに存在している。とは言って
Kのドラマ依存症的ぶろぐ | 2006/12/01 3:15 AM
このドラマはストーリーであれこれ考えるよりも、
あずスタ | 2006/12/04 10:26 PM
Trackback URL: http://uchoten.jugem.jp/trackback/1516


日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp
日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp
逆アクセスランキング
Recommend
Recommend
王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe
王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe (JUGEMレビュー »)

三谷幸喜脚本・奇跡のドラマ。
豪華なキャスト陣+三谷さんによるコメンタリーも収録。
「本気だぜー、好きなのさ〜♪」
【出演】松本幸四郎,筒井道隆,山口智子,鈴木京香,西村雅彦,小野武彦,梶原善,白井晃,田口浩正ほか。
スカパー! / WOWOW
スカパー!夏フェス祭り♪30フェス放送!

今なら16日間無料! e2 by スカパー!おまかせプラン



WOWOW
Sponsor Banner

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」
Sponsor Banner

日本最大級ネット書店・イーブックオフ
30万タイトル150万冊の品揃え!
本はもちろん、CD・DVD・ゲームも充実
高価買取も実施中!
選べる3つの買取方法
Sponsor Banner
ソースネクスト

SPONSOR BANNER
HMVジャパン




音楽配信サイト mora win[モーラ ウィン] 今すぐ試聴してダウンロード